知っておきたい!費用の話

相続財産の総額が一億円以下なら数十万円程度

相続税の申告には税理士を使うのが一般的です。無用なトラブルを未然に防ぐためには、専門家に仕事を依頼するのが一番だからです。気になるのは、費用についてのことではないでしょうか。あまりにも高いようなら、自分で申告手続きをした方がいいということにもなりかねません。
ですが、安心をしてください。相続財産が一億円以下である場合には、50万円程度が相場になっています。相続できる額に対して非常に低い数字になっていることが分かるでしょう。ほとんど財産の額を減らすことがないので、費用のことについては心配は無用でしょう。相続財産が高くなるにつれて税理士費用もアップしていきますが、それでも割合はほとんど同じです。むしろ相続財産の額が上がれば割合としては低くなっていくことも考えられます。経費として妥当な金額なので、やはり仕事の依頼をするのが無難でしょう。

節税のアドバイスをもらえばプラスになることもある

税理士の先生の中には、節税について詳しくアドバイスをしてくれる人もいます。先生の意見にしたがって手続きをすれば数百万円分も税金が低くなるケースも出てきています。
さすがに数百万円もの節税効果が得られるなら、税理士に高い報酬を支払っても結果的にプラスになっているはずです。つまり、税理士を雇うとより受け取れるお金が多くなる可能性もあるということです。相続税は、どちらかといえば節税をしやすいものの一つですから、税理士を雇わないという選択肢は損になる確率が高いですね。できれば相続を専門に取り扱っているその道のプロの先生に仕事を依頼してみるといいでしょう。普通の税理士さんが知らないようなテクニックを教えてもらえる可能性があります。

最近の投稿