助けて!税理士さん!突然の相続問題

相続税の準備は怠らないように

相続税(人の死亡に起因する財産の移転に着目して課される税金を指す)
つまりは、お父さん、お母さんなどがお亡くなりになった場合、その死亡した方から一定以上の財産を引き継いだ場合に、その財産を引き継いだ方が、国に支払う義務が発生する税金のことを指します。
テレビドラマなどで、お金持ちのお父さんお母さんが死亡してしまい、残された遺族が相続財産の分配などを巡って、骨肉の争いを繰り広げる。これはテレビドラマの中だけの話ではなく、実際に起こり得るはなしなのです。
このようなことにならないためにも、相続税が発生してしまう可能性のある方は、まずは遺言書の作成を行い、しかるべきところに保管しておきましょう。
そしてなおかつ、相続が起きたときに相続税を軽減することが出来る方法を、税理士さんなどに相続が起きてしまう前に、相談しに行くことが一番いいと言えるでしょう。

誰でもできる相続税の軽減方法ってってどうやるの?

相続税は、その死亡してしまった人から財産を受け継ぐか、受け継がないかを決めなければいけない期限は、原則としてその方が死亡してしまったのを知った日から10か月が期限となります。その10月以内に相続税を支払うことが出来なかった場合などは、更に追加で税金が課されることとなってしまいます。
そうならないための自分でもできる簡単な相続税対策は、年110万円までの贈与。贈与は年110万円までは、贈与税がかかることがないため、毎年、その財産を受け継ぐだろう人に110万円贈与しておくと、その分だけ、相続税発生時に支払わなければいけない税金が減少し、また、毎年贈与すればするほど、その贈与額を相続税の支払いに充てることが出来るのです。
相続税を軽減させる方法は、まだほかにもありますが、相続税の準備として、だれでも簡単に出来る方法は年110万円の贈与といえます。

最近の投稿