相談するまえに!こんなポイントをまとめておこう

相続するのは良いけれど、相続税はどうすれば良いの?

親が他界した事で、子供が親からの遺産を相続すると言うケースが多いと言えます。
遺産と言っても、現金もあれば、高額な美術品や不動産など色々な遺産相続が行われる事になりますよね。
遺産を受け継ぐ場合には、税金が課税されるので納税を行わなければならないと感じる人は多いのではないでしょうか。
一般の人は税金に対しての知識もなく、相続をしたものののどのくらいの税金を納めなければならないのか不安に感じるケースも多いのですが、こんな時には税理士に相談する事で相続税に対する適切なアドバイスを受ける事が出来ますし、中には相続税を支払わずに済むケースもあるのです。
そのため、どのようなものを相続したのかを税理士に伝える事が大切です。

遺産相続の専門家は税理士だけはありません

遺産相続と言うと税金の事が最初に脳裏に焼き付くので、税金のプロでもある税理士に相談を使用と言うケースが多いのではないでしょうか。
しかし、遺産相続と言うのは税金以外にも色々な問題があるため、弁護士などの法律の専門家に依頼をする事でトラブルが起きる事なく問題を解決出来るケースもあります。
相続調査や遺産分割協議書の作成においては、弁護士を初めとして司法書士や税理士、行政書士などのいずれかの資格所有者に対し、相談並びに手続きを代行して貰う事が出来ます。
しかし、代理人としての交渉や遺産分割の調停ならびに審判については弁護士のみ、相続登記については行政書士のみ、相続税の申告手続きについては税理士のみと言った具合に、資格に応じて対応可能な範囲が決められているのです。

最近の投稿