税理士に依頼!メリットとデメリット

相続税を軽減するには

相続税とは相続財産にかかる税金です。相続や遺言によって承継した財産の価額が基礎控除額を超過した場合に課税されます。
基礎控除額は3000万円に相続人1人当たり600万円をかけた額を合算した価額です。
この額を超過しなければ課税されることはありませんが、超過した場合でも適切に対処すれば課税額を減額することができます。
例えば配偶者が相続人である場合には遺産となる財産の形成に貢献したことや生活保障が考慮され、法定相続分か1億6000万円までの相続財産に課税されることはありません。
このように相続が発生した場合でも適切な計算を行うことで相続税の過払いを防止することができます。
個人で相続税を計算し申告する方法もありますが、税のプロである税理士に任せることでより正確な計算が可能になります。

相続税の準備をするには

相続税を申告するには事前に準備するべきものが多数あります。
例えば相続人と被相続人の関係を示すためのそれぞれの戸籍謄本や、相続分を明確にするための遺産分割協議書なども必要になります。
また借入金を明らかにするための金銭消費貸借契約書のコピー、未払い金を確認するための領収書や請求書など被相続人の債務の係を示す資料も必要です。さらに土地建物の登記簿謄本など財産を確認するための資料も求められます。
確かに個人で相続税を申告することは可能です。また適切に申告すれば課税額を軽減することができます。
税理士に相続税額の計算と申告を依頼すると報酬が発生するというデメリットもあります。
しかし膨大な手間を省くことができ、正確な申告が可能になるためデメリットを上回るメリットがあります。

最近の投稿